NEWS
更新情報

2021.07.20

京都市国際交流協会と初の試み
日本語教育アプリを使ったオンライン授業を開催
ウィズ/アフターコロナ時代の在留外国人を支える

日本語学習アプリ「くらしスタディ」を運営するSUN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:仲宗根俊平、以下 SUN)は、京都市国際交流協会と初の試みとなる「アプリを教材としたオンライン日本語授業」を7月17日(土)に開催しました。
SUNでは今後も京都市国際交流協会と協力し、在留外国人に向けた支援を行ってまいります。

授業の様子

■実施背景
日本で暮らす外国人に向けて地域で開催されていた「地域日本語教室」。新型コロナウイルス感染症の感染予防の観点から、現在は対面による実施が難しく、多くの地域で在留外国人に十分な日本語学習の機会が提供できていない状況があります。日本語教室を開催していた多くの団体や組織は、オンラインへの移行を目指しますが以下のような課題に直面しています。

オンライン開催に移行する上で直面する課題の一例
  • 紙ベースの教材を使用しており、教材の共有だけでスキャン・メールなど時間を取られてしまう
  • ITに長けているスタッフがおらず、環境の準備からハードルが高い
  • 講師はボランティアにより運営されているが、講師経験が少ないとオンラインによる授業実施は難易度が高く、対応できる人が限られて属人化してしまう。

そこでSUNは、アプリを教材として活用したオンライン日本語教室の運用方法を紹介する活動を始めました。SUNが提供する日本語学習「くらしスタディ」は文法解説や練習問題、音声など教科書のようなコンテンツが収録されており、授業の教材としても活用できます。スマホが教材となることで、場所を問わずに先生と生徒が同じ教材を手にすることができ、場所を問わずにオンラインで日本語教室を開催できるようになると考えています。

本企画の実施にあたっては、SUNが在留外国人向けの支援を行う団体にお声がけを行い、企画趣旨に賛同いただいた京都市国際交流協会と今回の取り組みを実施するに至りました。今後も、ウィズコロナからアフターコロナの時代に向け、教育の機会を失った在留外国人のために、引き続き支援を強化してまいります。

■代表者コメント
京都市国際交流協会
「オンライン日本語学習サポート」
 担当 野中

今年の4月にオンラインの日本語クラスを立ち上げました。コロナの影響で、人と話す機会が減っている今、オンラインクラスの需要が高まっていることを痛感します。オンライン用の教材がまだ多くない中、アプリを利用することで、教える側も気負わず授業に取り組める可能性を感じました。今後も試行錯誤を繰り返しながら、より多くの方に利用してもらえるクラス運営をめざしていきます。

SUN株式会社
 代表取締役社長 兼 CEO 仲宗根俊平

ウィズコロナ・アフターコロナの時代。対面で行われていた在留外国人向けの日本語教室は、多くが閉鎖されたまま再開できずにいる現状があります。そんな中でも、京都国際交流協会様は日本語教育の未来を見据え、業界のICT化を活用に積極的に取り組んでいらっしゃいます。オンラインをベースとした授業運営を行うことで、学生、社会人、主婦など様々な立場の人が、時間や場所を問わずに教室に参加できるようになります。当社は今後も、このような取り組みを継続していくことで、日本語を学ぶ機会を失った全ての在留外国人の支えになっていければと思っています。

■開催概要
  • 内容:アプリ「くらしスタディ」
    を使ったオンライン日本語教室
  • 日時:7月17日(土曜日)18:00~19:00
  • 場所:オンラインで開催
  • 料金:無料

■京都市国際交流協会
 https://www.kcif.or.jp/
京都市左京区にある京都市国際交流協会は、地域の国際交流を推進することを目的に設立された団体で、地域で暮らす外国人の日本語学習環境の充実に尽力している。企業や地域との連携も深めながら在留外国人へのサポート充実を図っており、令和3年度文化庁「地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業」を活用し、独自のオンライン学習システムを構築予定である。システム構築に先駆けて、学生ボランティアの協力を得ながらオンラインによる日本語授業を実施するなど、学習支援者の養成にも力を入れている。

■くらしスタディとは
 https://kurashi-study.net
ストーリーを読み進めていくことで”日本語”と”日本のくらし”を学ぶ日本語学習アプリです。言語に壁を感じている在留外国人や、日本語を習得して来日したい外国人に向けて開発され、言語習得だけではなく、生活のルールの行政ルールなど日本のくらしに必要な生活の知識も学ぶことができることが特徴です。「読む・聞く・話す」の基本技能が1つのアプリで学べ、日本語能力試験JLPTのN5~N2レベル対策や、日本語教師とマンツーマンでコミュニケーションがとれるオンライン日本語会話も用意しています。”日常生活で使われる日本語”にこだわり、日常で見聞きするが、なかなか教科書では取り扱われない日本語表現なども紹介しています。

■関連リリース

■SUN株式会社
「世界を代表する『人と人をつなぐ』会社となる。」を企業理念に掲げ、システムインテグレーション事業、在留外国人支援事業を展開するIT企業です。グローバル人材を積極採用することで人との繋がりによる新たな価値を創造し、世の中にイノベーションをもたらします。

HOME NEWS アプリを教材としたオンライン日本語授業

PAGE
TOP