NEWS
更新情報

2021.03.31

今春、入学できない外国ルーツの子供たちへ。SDGsの取り組みとして 日本語学習アプリの14日間無料キャンペーンを実施

SUN株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼CEO:仲宗根 俊平)は、SDGs 目標4「質の高い教育をみんなに」の取り組みとして、日本語の学習が必要な子供たちを支援するため、日本語学習アプリ「くらしスタディ」の無料期間を4月1日(木)より実施します。

無料期間 延長キャンペーン

■キャンペーン内容
  • 1.アプリ無料期間を14日間に延長(通常は7日間)
  • 2.オンライン会話レッスン1回プレゼント(1100円相当分)

<キャンペーン期間>
2021年4月1日(木)~2021年4月30日(金)
<キャンペーンの適用条件>
初回利用登録をした方が対象、登録日から14日間が無料期間となります

■キャンペーン実施背景
SDGs目標4では、すべての人に包摂的かつ公正な教育を保障することが記されています。つまり、世界中の人たちが、生まれた国や地域・家庭・性別に関わらず、教育を平等に受けることができる機会を提供しようという目標です。

文部科学省が2020年3月に公表した「外国人の子供の就学状況等調査結果(確定値)」によると、外国人の子供1万9,471人が不就学の可能性があると言われています。それらの就学状況が不明又は不就学の外国人の子供に対して、自治体の約65%が、就学状況把握及び就学促進のための取り組みは「特に実施していない」と答えました。日本の人口減少による人手不足解消の鍵として近年注目される「外国人労働者」ですが、コロナの影響により解雇や労働時間が減らされたりと苦しい立場に立たされる外国人労働者も多く、行政の支援が十分に行き渡っていないのが現状です。

こうした在留外国人の子供に対する日本の教育の課題について、SDGs目標4の取り組みとして、日本語教育アプリ「くらしスタディ」の無料期間延長キャンペーンを実施する運びとなりました。一人でも多くの外国ルーツをもつ子供に日本語教育の機会を提供したいと考えています。同キャンペーンには日本語教師とマンツーマンで話しができる「オンライン会話レッスン」を1回分プレゼントします。学習の課題はもちろんのこと、日常生活の相談をすることもでき、在留外国人やその子供たちの不安を少しでも解消できたらと考えています。

■「くらしスタディ」とは
 https://kurashi-study.net
ストーリーを読み進めていくことで”日本語”と”日本のくらし”を学ぶ日本語学習アプリです。言語に壁を感じている在留外国人や、日本語を習得して来日したい外国人に向けて開発され、言語習得だけではなく、生活のルールの行政ルールなど日本のくらしに必要な生活の知識も学ぶことができることが特徴です。「読む・聞く・話す」の基本技能が1つのアプリで学べ、日本語能力試験JLPTのN5~N2レベル対策や、日本語教師とマンツーマンでコミュニケーションがとれるオンライン日本語会話も用意しています。”日常生活で使われる日本語”にこだわり、日常で見聞きするが、なかなか教科書では取り扱われない日本語表現なども紹介しています。

<アプリダウンロードはこちら>

■関連リリース
ストーリーを読みながら”日本語”と”くらし”を学ぶ日本語学習アプリ「くらしスタディ」

■SUN株式会社
「世界を代表する『人と人をつなぐ』会社となる。」を企業理念に掲げ、システムインテグレーション事業、在留外国人支援事業を展開するIT企業です。グローバル人材を積極採用し、人との繋がりによって創造される新たな価値により世の中にイノベーションをもたらします。

HOME NEWS 「くらしスタディ」無料期間 延長キャンペーン for SDGs

PAGE
TOP